読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tohokuaikiのチラシの裏

技術的ネタとか。

Confluenceのプラグイン開発を承ります。ご連絡はこちらのホームページからお願いいたします。

iPodを捨てました

今朝、出勤中にすごく落ち込んだ。


駅前を通る時に、中学生の大群が・・・・・。そうか、今日は始業式だけなんだ・・・・と自分の遅い出勤時間に舌打ちしつつ・・・・

・・・
・・・・・
・・・・・・・
歩道いっぱいに広がっていて通れない(>_<)




もう、ものすごい大群が信号待ち。こんな感じ。


全然進めない・・・。思わず「どけよ。(*゚Д゚*)ゴラァ!」って叫んでしまった・・・。


・・・・・・・
・・・・・
・・・

で、そんな自分に自己嫌悪。そんなの叫んでもどうしようもないのに・・・・。

中学生なんて、毎年新しいのが沸くんだからいちいち注意も出来ないしな。

その中学校にクレームつけてもしょうがなし。そもそも教師は忙しい。

こういうのは、しょうがないなとじっと耐えるのが大人なんだ。まー、20代の頃はそう思わなかったんだけど、子供できたりすると「自分の息子もきっとああなるんだろうな」とかおもってしまって、無碍にできんのだよ。




で、何でそんな気持ちになったかって考えると耳につけてたiPod Shuffle

あれって、自分の世界に入っちゃうんだよね。一応、周辺音が聞こえないのは危険なので、ボリュームを絞ってはいたけど、音楽を聴いてるとどうしても我と他人の間に壁を作ってしまう。バリアー。

自分の世界に浸ってもいいけど、それは道路という公共の場ではよくないよ。



そして、自己嫌悪に苛まされたまま、イヤホンをはずした。あらためて、色んな音が聞こえるもんだと思った。

音楽を聴くのをやめて、仕事のことを考えた。会社にはすぐ着いた。



通勤中にしかすることの無かったiPod Shuffleを捨てた。