読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tohokuaikiのチラシの裏

技術的ネタとか。

Confluenceのプラグイン開発を承ります。ご連絡はこちらのホームページからお願いいたします。

汚れ仕事とか、日常業務とかひたすらやろうって思うには年季が要る

新生児医療に新人をリクルートするために : こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

上記の記事には、誰がっていう主語が無くて一瞬「?」って感じだったんだけど、要するに

  1. 先端医療施設の医師達が、汚れ仕事である「後方病床」への新人のリクルートを提案してる
  2. そして、そのためには新人に「汚れ仕事ってすばらしいよね!」ってアピールしないとと彼らは言う
  3. そうはいっても、新人は先端施設に行きたがるものだ
  4. そもそも1.で提案してるやつらは汚れ仕事が本当にすばらしいと思ってるのか?

ってことで。

私ら医療を受ける側は圧倒的に先端医療施設にお世話になる機会はないのだから、先端医療施設と後方病院における医師(特に若手の)の供給関係はどうしても

先端医療施設 >> 後方病院

ってなる。そりゃそうだろう。

父親が病院やってるから医学部行きましたっていうボンボンでもない限り、医者をやるならこれまでにない治療法とか新しい症例とか診たいんだろうなーって思う。どんな職務でもそうだよな。Web制作だってうちらみたいな1本作って100万円とかの仕事なんてしたくない。大きなプロモーションサイトとか、ややこしいテクニカルサイトやってIT系メディアでとりあげられたいもんね。

上記の記事の筆者(yamakawさん)が怒ってる(?というより嘲笑してる)のは、そんな先端医療施設にいる医師達が音頭を取って「後方病床へのリクルート」をやっているって現実だろうな。

こんな感じか?まもるブロックが無ければUFOやっつけられないのにねぇ。でも誰もブロックにはなりたくないわな。


第二子妊娠中の私のうちの状況では、笑ってばかりいられない状況ではある。とりあえず、ボールペン買うか

いや自分たちも君たちの仕事の重要さはよく分っている、素晴らしい仕事をなさっていると尊敬していますと。いや、私が言うすばらしさとは、そのすばらしさではないのだ。その違いは君たちに分るだろうか。あるいは、分ったとして、分ったと認める勇気が君たちにあるだろうか。

先端医療施設の医師が後方病床の医師達に言う(であろう)「すばらしい仕事をしています」っていうのは、「私達が仕事ができるようにしてくれるすばらしい仕事」っていう意味なんだろうか?

そうではなく、yamakawさんが言いたいのは
「実際にひとを救ってる数が多いのは、後方病床の方なんだからすばらしい仕事してますっていうなら、お前らが一人抜けてこっち側に来いよ。それができないならすばらしい仕事とか言うな」ってことかな。

まぁ、痛烈な皮肉であることは間違いない。

そういえば、このyamakawさんののブログを読み出したのは、三日三晩働く医者が理想なのか : こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくかって新聞屋への皮肉いっぱいの記事だったな。