読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tohokuaikiのチラシの裏

技術的ネタとか。

Confluenceのプラグイン開発を承ります。ご連絡はこちらのホームページからお願いいたします。

Google Adsenseは一旦ノーチェックで掲載されるが、それは広告主にとっても不都合なことである

ネット広告

昔から問題視されていることではあるが。

http://d.hatena.ne.jp/y_arim/20081113/1226560216

Google広告の欠点のひとつは、まともに審査しているのかいないのか、こういうのが素通しされてしまう点だと思っている。AdSenseにしても同じ。

この元記事の人に対して、「そんなの昔からジャン」っていう批判はN.G。それは単なる「過去ログ嫁」的な反応と同じ。分からない人は次々に発生するのだから。

で、「じゃあ広告外せよ。」「ネット乞食乙」で片づけるのはなんか違う。問題はそこでは無いわけで、やはり「Adsenseには審査が無い」というのがポイントなんだろう。*1


さて、広告を載せているブロガーにとってもこういう「トンデモビジネス」の広告が出てしまうのは問題なのだが、実は(トンデモではない)まっとうなAdsense広告主にとってもこの「一旦ノーチェックで、何かあれば掲載を下ろす」というのは不都合な方法である。

ポイントは事後審査

以下は昔のことなんだけど、多分大筋は変わってないハズ。

なぜ広告主にとって不都合か?それはAdsenseの広告の出稿規則にある。実は、AdwordsAdsenseは広告出稿側にとっては同じで、ベースはAdwords。そこに「Adsenseにも出稿する」というボタンをチェックするだけでO.K。

Adwordsの出稿方法というのは、

  1. 広告主が広告原稿を作って、Googleから登録
  2. 実際にGoogleに(あるいは、Googleシンジケートサイトに)掲載される
  3. Googleの広告審査部がチェックして問題がある広告をはずす。

というようになっている。ここで問題にされているのが「チェックが最後のフェーズ」ということ。これではゼロデイアタックよろしくわれわれの目についてしまう。むしろGoogleの規模からいって目につかない方がおかしい。

なんで広告主が不都合なのか?

それは、GoogleAdwordsに掲載拒否が3回続くと「そのワードに対しては掲載ができなくなる」というルールがあるからだ。

しかも、この審査は事後審査+どこがN.Gだったかがわからないため、あっさりと3回目に達してしまう。広告文言を直して、2回目にN.Gくらったときの恐怖感は半端ない。だって、次にN.Gくらったら掲載できない。まともな企業の広報部にとってそれ以上の恐怖は無い。わかるよね。しょうがないから、違うワードの組み合わせで大量に登録する。この徒労感ったら無い・・・・。

まぁ今は知らん。でも概ね変わってないだろう。Adwordsのヘルプを見てみたけどこの3回ルールは載ってなかった。ちなみに、Overtureは「事前審査」だったので出稿までに時間はかかったけど、こういう恐怖感&徒労感はなかった。一応「どこが悪かったか」みたいなのはなんとなく教えてくれたし。

誰得?

じゃあ、この方法で都合がいいのはだれかって言うと、広告掲載ブロガーでもなく、広告出稿主でもなく、広告を見る我々一般ユーザーでもなく、そう、Googleだ。Googleだけなのだ。


まぁ、そういうコト。結論は、文句があったらGoogleAdwords使うなって。頑張ってアジャイルメディアネットワークに載せられるブロガーになってくださいってことか。がんばれAMN。

ちなみに

このはてなダイアリーにもAdsense載ってるけど、どうもクリック数がカウントされてないみたい・・・・。Adsenseの設定がわからんし、あんまり一生懸命になれず放置。。。。全部Googleの儲けになってます。

*1:にしても、元記事の人は似非科学について突っ込みたいだけの記事の予感だが