読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tohokuaikiのチラシの裏

技術的ネタとか。

Confluenceのプラグイン開発を承ります。ご連絡はこちらのホームページからお願いいたします。

年金について、団塊の世代と34歳の私の認識の違いに愕然とする

ちょっと前のNHKスペシャル|マネー資本主義 第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのかを見てて感じた疑問は、「何で年金がそんなにお金が必要か?」という点だった。


まぁ、結論からいうと「年金制度の設計ミス」なんだろうな。日本もアメリカも。

  1. 予想より早く少子高齢化と、経済成長の鈍化が始まる
  2. あれ?「これだけ受給します」って言ってた年金が払えそうにない・・・・。
  3. じゃあとりあえず手持ちのお金増やしてみるか!
  4. 元金割れが怖いけど、株式投資してみよう!
  5. 金持ち勝つの法則通り、巨大マネーでウハウハ
  6. ITバブル崩壊で、大損しちゃったよ!
  7. ヘッジファンドに任せればスゲー増えるよ。バブル崩壊でも増えてたよ!
  8. そこに預けてみよう!→ やっぱり増えたよ!
  9. またバブル崩壊したよ。今度は立ち直れないよ!←今ココ。

って感じなのかな?

これ見たとき、「年金は貯金なんだから、なんで増やさなきゃいけんのだよ!」とか憤ったけど、その認識は違った。

年金ってさ、貯金だったら「年金会館」とか変な箱モノ作れんよね。貯金じゃないんだよね。

34歳の自分の年金に対する認識

単純に、「払った分にちょっと利益がついて(銀行の利子よりもちょっといいくらい)返ってくる」まぁ貯金みたいなもんかと思ってた。

ちがうのね。貯金っていう認識が間違い。確かに、昔から「早死にしたら年金って損だよな〜」とか思ってた。幾分は家族に回るのかもかもしれんけど。(ばあちゃんが、死んだじいちゃんの年金をもらってるとかどっかで聞いて)

貯金じゃなくて、保険なんね。これ読んで「なるほど」って思った。
厚生年金の納付額と受給額について教えて下さい - その他(年金) - 教えて!goo

今回のような質問は、その前提として
「保険料(納付額)+繰延期間中の利息=年金受給額」が想定されているように感じます。
しかし、この原則が成り立つのであればその制度は「貯蓄」です。それは厚生年金「保険」ではなく、厚生年金「貯金」とでも呼ぶべきでしょう。
(略)
公的年金はあくまで長生きリスクに対応する制度であり、そのために終身(死ぬまで)年金が原則となっています。

あぁ、長生きしちゃったけど、ど〜しよう。お金貯めてないし・・・・。っていう。

長生きした結果が不幸な社会にはしたくないよねっていう。

なんとなく、「貯金」くらいに思ってる人多いんじゃないかな?そして、その貯金が親の世代に食われていることは知っていながらも。

でも、貯金じゃないんだよね。食われるってことはさ。

僕らの世代って、年金に対して「何となく食われているのはわかるけど、どーしようもない」って感じな気がする。それはdankogaiも書いてる。

同世代間で助け合えばいいのに、異世代間で助け合いとか言うから変になる。

長生きしちゃった保険だったら、同世代で回せばいいじゃんって思う。

たとえば、1950年生まれの人がだいたい200万人だったらその人たちがお金を出し合って積み立てて、
「先に死んじゃった人、ありがとう。僕は長生きしたから君たちの積立金で細々と生きるよ」
とか言って麗しき相互扶助で生きれば。


これが積み立て方式で、現在取られてるのは割賦方式。これは、世代間でお金をやりとりするから、どう考えたって「仲間が多い方が得」ってことになる。いや、積極的に得じゃなくて「仲間が少ない方が損」って感じ。

もうなんか、「もう、ダメぽ」って感じ。



アメリカのGMなんかは、どういう考えでそうなったか知らんけど、
「中途退職者にも年金受給します!」
とか言っちゃったんだよね。そうすると、払わなきゃいけなくて、でも経済成長が鈍化してしまったからもうダメっていう。でも、多分その当時はほかの企業もそういうことしてて、そういう福利厚生を付けないと他社にどんどんと人材を抜かれて競争に勝てなかったんだろうな。・・・・とは思う。

結局、それが払えなくてGMは破産しちゃったわけだけど。

GMの年金受給者って、なんか、金の卵を産むガチョウを引っ張って殺しちゃったような感じだ。

団塊の世代は、年金を楽しみにして生きてきた世代

っていうと、誤解があるかもしれないけど、そう感じたからあえてそう言う。


ていうのは、大学のサークルのメーリングリストで、定年な団塊世代のOBから「定年です」みたいな投稿があるんだけど、結構みんな年金を意識してる。

っていうか、これだけの年金があるからこういう老後を送ろうとか計画を立ててる。

別にそれは、世間(というか、その世代全体)がそういう認識で来てたのだから別に悪いとかそういうことは思わない。


だけどさ。


だけど、僕らの世代で「これだけの年金がもらえるから、こういう老後を送ろう」とか、本気で思って生きてるやつっているか?いたら、指さして笑われるぜ?


それくらい年金ってものに懐疑的だけど、でも払う。払うし、選挙も行かない。なんでかって、さっきのdankogaiのブログにあったこのグラフですよ。


どう考えても50歳以下の俺らには勝ち目ないだろう。

それに、50歳以上は「選挙で年金守らないと死ぬ!」とか思ってるし、うちらは「なんとなく、もうダメぽ」とか思ってるから全然真剣度が違う。



前述のNHKスペシャルでも、バイクに乗ってる50代の年金受給者が出てきて「ツーリング最高!」とか言ってたけど、正直僕らからすると良い気分はしないな。

だけどー、どーしようもない。八方塞がり。