読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tohokuaikiのチラシの裏

技術的ネタとか。

Confluenceのプラグイン開発を承ります。ご連絡はこちらのホームページからお願いいたします。

興味のある言語にSSIと書いておいたら面接で爆笑された

php

extends http://d.hatena.ne.jp/moriyoshi/20100204/1265242273

PHPエンジニアを募集してるSNSを運営してる会社の採用面接を受けた時の話。

転職エージェントに作れと言われて作ったシートに、「興味のある技術/言語」という欄があったんです。
CSS/HTML/Flashとか色々書いたけど、プログラミング言語の中で興味があるのはSSIだったので、SSIと書いておいたのですが、それを見た坊主頭でパンツの派手な面接官のリアクションが酷かった。

面接官「SSI・・・ふははっ!SSI!」
面接官「SSIやってるんですか?wwwww」
俺「(唖然)は、はい・・まだ#includeを理解したぐらいですが。。」
面接官「SSI・・・ニヤニヤ」

その人はPHP本体のコミッタで、当然PHPのコードを書いている人だったので、
SSIが「Server-side Script Inspires PHP」と呼ばれている事を知らないワケが無いだろうと思っていた。
つまり、このリアクションは"理不尽な状況に直面した時にどう対応するか"を見ているんだろうと判断し、あえて突っ込みは入れずに対処した。
しかし最後の質問で「何故phythonを書いたんですか?」と聞くと、
気まずそうに理由を話し、最後に「・・・と、いうことにしています」と答えた。

つまりこの人はもともとPHPをマジメに使うつもりなんかなくて、ネタとして面白いからこねくり回して使っているのであって、
特別PHPに思い入れとか無いおっさんエンジニアなんだなあと分かった。

HTML内に埋め込むという発想もSSI発のテクニックだし、PHPやってるならSSIに興味を持つのは普通だと思うんだけどなあ。
多分ガチで知らなかったんだろう。

たぶん、フツーのHTMLコーダにも理解できるレベルのネタだと思う。




てか、「興味のある言語はSSI」とか言われたら自分でも吹かない自信は無い。