読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tohokuaikiのチラシの裏

技術的ネタとか。

Confluenceのプラグイン開発を承ります。ご連絡はこちらのホームページからお願いいたします。

バターとマーガリンとファットスプレッドの成分とか定義とか価格の違いとか


窪田順生の時事日想:なぜ“バターみたいなマーガリン”が増えているのか (1/5) - Business Media 誠
を読んで、バターとマーガリンとファットスプレッドの成分とか定義とか価格の違いとかを調べてみたのでメモ。自分なりにまとめてるので間違っているかもしれない。飽和脂肪酸トランス脂肪酸Wikipedia調べ。価格はAmazonで記事執筆時点の1円単位四捨五入。

比較表

脂肪・飽和脂肪酸トランス脂肪酸・価格は100gあたり。

名称 定義 脂肪 飽和脂肪酸 トランス脂肪酸 価格
バター 原料が牛乳 81.11 g 51.368 g 3.278 g 200円 *1
マーガリン 植物油脂80%以上 80.71 g 15.189 g 14.89 g 150円 *2
ファットスプレッド 植物油脂80%未満 59.81 g 12.086 g 3.384 g 120円 *3
ショートニング マーガリン・ファットスプレッドの原料油脂 99.97 g 24.98 g 13.164 g 120円 *4

ショートニングはそもそもそのままパンに塗って食べるものじゃない。ほぼ調理用だと思うが比較のため載せた。

考察

脂肪量についてはどの商品も大差ないと思われるが、飽和脂肪酸トランス脂肪酸についてはバター以外の工業食品であるマーガリン・ファットスプレッドは商品ごとの差が大きいと思われる。たとえば、べに花ハイプラスマーガリンはトランス脂肪酸が100gあたり約0.5gと上記のWikipedia出典の30分の1である。

値段に関してバターとマーガリンは有意差があるかというと微妙なところになっているので、味と飽和脂肪酸トランス脂肪酸の含有量を気にしながら買えばいいと思う*5

ただ、この飽和脂肪酸トランス脂肪酸の含有量を商品ごとに記してるのってあまり無いのかな?

*1:雪印北海道バター

*2:べに花ハイプラス マーガリン 創健社

*3:雪印 ネオソフト

*4:フレッシュプレス ショートニング トランスファットフリー 500g

*5:自分はパン食は月に4~5回以下なので気にしないが・・・。