読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tohokuaikiのチラシの裏

技術的ネタとか。

Confluenceのプラグイン開発を承ります。ご連絡はこちらのホームページからお願いいたします。

いまさらながら、Amebaブログがすごいと思った

機能ありきのブログじゃなくて、ただPVを増やすだけのメディアとして捕らえたCA

はてな使ってる人には「アメーバブログid:malaにこき下ろされている印象しかないかもしれない。私もそんな印象だった。
ブログならライブドアブログ(livedoor Blog) - 無料・デザイン豊富

これは完全にエンジニアが無知で無能でクズ。アホでバカ。低脳でワーキングプア

ブログならライブドアブログ(livedoor Blog) - 無料・デザイン豊富

もしも自分がアメブロの会員だったら即座に退会するし株主だったら全株売るし取引先なら契約を打ち切るし社員なら辞めるし拉致されそうになったら舌を噛んで死ぬし専務ならハゲるし社長の嫁なら離婚します。

とかね。


ただ、amebloの視点はそんなところじゃないんだな。たぶん。

amebloがひたすら狙っているのはいかにPVを稼ぐか。なりふりかまわずこの一点。あとのものはみんな後付け。後付けだから多少技術がお粗末でも「あとでやる」タグが付いて回ってるだけのこと。

PVを稼ぐために、ひたすら芸能人・有名人ブログを開き、連続で記事が見られないようにしている。これは非常に使い勝手が悪いのだけど、1ページで連続して記事が見られるとPV数稼げないもの。


で、その結果、芸能人・有名人ブログの数が他のブログサービスと比較にならないほど多くなった。
Ameba(アメーバ)|CM放送中!芸能人・有名人ブログ
を見ると、芸能人をほとんど知らない私でも「あぁ、こんなひとも書いてるんだ」っていう感じで、ランキングが100番くらいの芸能人・有名人でも「あぁ、知ってる」っていう感じ。


これが、ライブドアとかココログとかはてなダイアリーとかgooブログとかになると、もうトップ10でも全然知らない人ばかり。*1FC2とか皆無だし。


CA(サイバーエージェント)の社長の前妻のツテか、その結果としての前妻なのか知らんけど、まぁとにかく桁違いの芸能人・有名人ブログになってる。もう芸能人ブログやるならアメブロみたいなコンセンサスが芸能界にあるんじゃないかと思ってしまうほど。そのCAの営業力はすごい。

機能は後で充実させればいいって考え

この切り口って、なんかすごくて、すごいというか他がやってなくて、よそのブログは利用者を増やすのに

  • こんなに便利な機能がありますよー
  • テンプレートがいっぱいあって、かわいいブログ作れますよー
  • 会員同士のつながりがしやすくって、コメントを良くもらえますよー

っていう売り方だったのに、後発のせいもあったんだろうけどアメブロは全くそれは無し。

だいたい、芸能人が自分で「ココログが良いでーす」とか言わないし、テンプレだって自分であれこれするわけじゃないし、下手すると芸能人なんて自分で書かないし。*2

そうなると、当然にして 営業にかける費用 >>>>>>>>>>>> 機能にかける費用

ってなるよ。それは技術者から見れば「えー」なことも多々あろうが、そんなこと知ったこっちゃない。そもそも、今のインターネット利用者の中で技術者の割合なんて微々たるものだ。id:malaが叫んで、全技術者がダメ!って言っても大勢に影響が無い。

人に多少の迷惑がかかろうが、「そのうち治るし、まぁいいじゃん」みたいなノリ。

あとは、利用者が集まってから考える

まぁ、視点が私ら技術者とは違うんだろうね。それは、常々気にしないといけないなーっていう視点でもあるんだけど、どーも技術者だと突っ切れないっていうか。「そりゃ、そうすりゃ売れるのはわかるけど、ちょっとなぁ・・・・」みたいな。

で、世の中は割と「あの芸能人が使ってるから私も」って人が多くて、利用者も増えてるんだろうけど、機能はそれから付けても全然問題ないっていう判断なんだろう。すごいよ。


徹底的に「PVが稼げるコンテンツとしてブログを作ったらどうなるか」という視点からできたアメブロ。なんかただただ感嘆するだけです。

でも、

PVが集まれば => 収益   って、どーなん?

*1:はてなダイアリーは別の意味(はてなーとして)で有名人とかはいっぱいいるけど、それは違う。

*2:芸能人用ブログ記事投稿代行サービス会社もある。